DISEASE疾患検索一覧

子ども

有痛性外脛骨

足の内側(アーチ)部分が膨らんで(過剰骨)痛みが出る障害で、スポーツ活動によって痛みが強く出現します。

子ども

シンスプリント

脛骨(すねの骨)周りがオーバーユースによって炎症を起こす障害です。疲労骨折に移行することも多く注意が必要です。

子ども

セーバー病

「踵の成長痛」で、サッカーなど繰り返し走るスポーツで、ふくらはぎの筋緊張が強くなることで発生します。

子ども

オスグッド・シュラッダー病

「膝の成長痛」で、お皿の下の骨が出っ張ってくるのが特徴的。成長期に強度の高いスポーツを行うことで発生します。

スポーツ障害

アキレス腱炎

運動の繰り返しの動作などによってアキレス腱に炎症を引き起こします。

スポーツ障害

足底腱膜炎

スポーツなどで診られる足底部の痛みで、オーバーユースや疲労の蓄積によって発生する。

日常の痛み

足関節捻挫

外傷の中で最も多く診られる足首を捻って起こる靭帯損傷。

日常の痛み

半月板損傷

膝の関節のクッションの役割を果たす半月板の損傷で、外傷やオーバーユースによって発生します。

TOP